顔の産毛処理に大活躍する顔用シェーバーの使い方

顔の産毛処理に大活躍する顔用シェーバーの使い方

顔の産毛処理に活躍をするのが電池式顔用シェーバーであり、使用方法には簡単なコツがあります。スイッチをオンにしてすぎに利用ができますが、ささやかなコツを押さえておくと、よりシェービングもスムーズです。

 

顔の産毛処理をするときには、剃り方として産毛の流れとは、反対にゆっくり動かして処理をします。額のシェービングでは、生え際からセンターにかけて動かし、それから逆に生え際へと動かして処理をします。

 

生え際の産毛に関しては、自然な見た目に仕上げるために、1pほど残して剃るとナチュラルです。頬の産毛処理では、顔の中央から外側へと動かし、鼻の下は鼻下を伸ばして剃ります。鼻の横あたりから、外側へとシェービングをすると、顔の色が明るくなるのがわかります。

 

もみあげ部分は長さを決めておいて、ゆっくりと下へと動かします。左右が対象になるように、バランスをよく考えて、もみあげは丁寧に慎重に処理をします。首筋は少し刃を寝かせ気味にして、下から上方向へとシェービングをします。

 

襟足の処理では、首を指で押さえて、下から上へと動かして処理をしていきます。襟足などは後ろ側なので、自分では少々難しいため、同性の家族にお願いすると安心です。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?